副業で億リーマンを目指す現実的な方法とは?

働く人なら誰しもが一度は億万長者に憧れたことはあるのではないでしょうか?

その証拠に、数年前に仮想通貨が流行ったときは普通のサラリーマンでも仮想通貨で億万長者になれるとテレビでも言われて居酒屋での飲みの話題でも仮想通貨が出てくるようなこもありましたね。

しかし、ふたを開けてみれば仮想通貨は暴落してさらに政府による高税金でガッポリお金を持っていかれて本当に大きく儲かった人はほとんどいないといわれています。

だからこそ、仮想通貨の夢のような非現実的な方法ではなく現実的で、しかもサラリーマンをやりながら副業で億リーマンを目指せるような方法があれば……。

そんな方法が実はあるのです。

実際、サラリーマンをやりながら億を稼いだという記事や本、出版物はよく見かけます。

だからこそ、やり方によっては億リーマンを狙うのも不可能ではないはずです。

現実的に可能な億リーマンになる方法について見ていきます。

投資やビジネスで稼ぐためにまずは資本金を作る

億リーマンになるための初めステップが資本金を作ることです。

副業でビジネスで稼ぐにせよ、投資で稼ぐにせよ、絶対に必要なのが資本金です。

何で稼ぐのか?によって必要になる資本金は異なりますが、効率よく稼ぐことができる分野であっても最低でも100万円は必要です。

残念ながらこの資本主義社会では資本が無ければ金儲けはできません。

世の中にはお金無しでも稼げると謳うビジネスがありますが、それはセールストークであって事実ではありません。

具体的にはブログやらアフィリエイトがそれです。

例えばブログによるアフィリエイトは最も早くとも成果が出るのには半年かかるといわれています。

確かに文章を書くだけであるからお金はかかっていませんが、その時間でアルバイト等で労働すれば結局のところ低く見積もって月収20万円だとしても、半年すれば20×6か月で120万円の稼ぐ機会を失っていることになります。

直接的にお金は支払ってはいないが、労働力と時間というリソースを使っていてこれらはお金と交換可能な資源であるから事実上お金を失っているのに等しいといえます。

だからこそ、まずは資本金を作るために貯金をすべきです。

しかも、億リーマンですからサラリーマンをやりながら億万長者になる必要があります。

サラリーマンをやりながらとなると時間というリソースは必然的に限られてしまいます。

そうなってくると現実的に使えるリソースはお金しかないということになります。

だからこそ、資本金を集めるのはmustです。

そして大切なのはこの資本金はすでに無くなったものとして考えてください。

資本金とした時点であなたの貯金ではありません。

この100万円はビジネスまたは投資にのみ利用します。

100万円のうち10万円を利用してFXでレバレッジを掛ける

この資本金を使って副業でビジネスを展開するのもよいでしょう。

しかし、現実的にかつある程度短いスパンで億リーマンを目指すのであればFXを、それもXmなどの海外FXを利用して稼ぎましょう。

理由は次の通りです。
・人を雇わずにレバレッジを掛けれる
・海外FXの場合追証なし(破産リスク無し)で最大888倍までレバレッジを掛けれる。
・ハイレバレッジなので10万円ごとに分けて挑戦すれば、仮に10回に1回でも大きく当たれば元は取れる。
・勝ったら必ず出金してまた10万からスタートすれば、儲けた分を溶かす心配はなくなる。

投資であれば本人の行動力が少なくとも稼げる

人を雇わずレバレッジを掛けれるのは魅力的です。

人を雇う場合はその人の能力に依存するところも大きくなります。

また、ビジネスで稼ぐ場合は結局のところ最終的に行動力が必要になってきます。

しかしこの行動力というものが厄介です。

実際この行動力というものが無くて失敗してきた人を何人も見てきました。

一方、投資の場合は実質行動力を必要としません。

投資をしようと思えば、パソコンをネットにつないでクリックするだけで投資ができてしまいます。

資金が少ない時にレバレッジを掛けれない株式投資を始めるのは現実的ではない

株ではなくFXを選ぶ理由は現実的に株でまともな稼ぐとなると1000万円以上必要になってくるからです。

よく証券会社のホームページなどでは1万円から投資可能のようなことをアピールしています。

たしかに低資金からも投資ができますが、株の場合レバレッジを掛けれない分まとまった金額が無いとまともに稼げないのが実情です。

FXで稼ぐ上で必須なのはXMのような海外FXを使うことです。

国内FX業者はDD方式(投資家とインターバンクの間にFX会社が入る取引)で、取引の透明性が低く、レバレッジの規制を受けていてハイレバレッジにすることができません。

さらに追証があります。 よくFXで破産したなどというFXの闇を聞いたことがある人もいるかと思いますが、FXで破産するのは追証以外ありえません。

本来のFXは投資した金額以上の損失を被ることはあり得ないのです。

しかし、追証があるFX業者では大きく損失を出したときに追加でお金を請求されることがあります。

それが追証です。

FXで破産する原因はこの追証が払えなくなって破産するという以外の方法はありません。

だからこそ、追証のあるFX会社には警戒する必要がありますが、日本のFX業者はほぼすべて追証があります。

なので、取引の透明性の高く、追証もなく、ハイレバレッジが可能なXMのような大手の海外FXを利用しましょう。

実際に投資するのは資本金の1/10で、その投資資金にハイレバレッジを掛ける

実際に投資する際は、資本金の1/10を投資しましょう。

投資資金が資本金の1/10であったとしても、XMであれば888倍までレバレッジを掛けれます。

つまり、実際に動かせることができる資金量は申し分ないほどあるということになります。

海外FXの場合は追証が無いので、ハイレバレッジにしても破産しないので恐れずにハイレバレッジで挑戦しましょう。

しかし、初めに設定した資本金の全てを一度に投資してしまえば一度失敗してしまえば全額溶けてなくなってしまいます。

初心者の場合、右も左もわからない可能性が高いため普通は初めは失敗します。

そして、初心者でなくとも金融マーケットは何が起こるかわからない世界です。

資本金を全突っ張するのは辞めましょう。 投資資金を1/10にしておけば、仮に投資に失敗して投資した資金の全てを溶かしたとしても、投資した資金は資本金の1/10なのであと9回挑戦することができます。

しかも、資本金を作った際に、この資金はすでに無くなったものとしたのでお金が無くなろが精神的にも痛くもかゆくもありません。

はじめから無くなったものとして資金であるからです。

初心者の場合は10回挑戦している間に、自分のトレード手法が確実に確立することができるでしょう。

10回も挑戦する権利があるのだから、実際のトレードを通じて学ぶことも多くなります。

その過程で自分自身も成長し、トレード技術なども成長するにちがいありません。

これがもし、初めに設定した資本金の全額をぶち込んでしまったら、プロと対等にたたかい合えるほどのトレード技術になる前に相場から退場してしまう可能性が高いです。

欲張らず投資資金は資本金の1/10にとどめましょう。

可能であれば裁量トレードで、トレードの時間が取れないのであればおとなしく自動売買を利用しましょう。

トレードで勝ってある程度資金がまとまったら、こまめに出金してビジネスなど他のモノに再投資する。

トレードで勝って、100万や200万といったまとまった金額になったらこまめに出金しましょう。

金融マーケットは何が起こる変わらない世界です。

しかもハイレバレッジなので、勝つときの資金が増えるスピードも速いですが負けた時の資金が溶けるスピードも速いです。

だからこそ、負けて溶ける前にある程度たまったらこまめに出金しましょう。

出金してそのお金はFX以外に利用します。 FXは少額でやるからこそ高いレバレッジを掛けることができるうま味のある投資です。

少額であればいくら負けても投資した金額以上は負けないですが、投資資金が大きくなればなるほど損失額も大きくなりメンタルにも悪くなります。

メンタルが悪くなると何をやってもうまくいかなくなります。

出金したお金で今まで負けて減ってしまった資本金を補填し、余ったお金を副業などのビジネスに投資していきます。

おすすめはアフィリエイトです。

アフィリエイトは一見毎日ブログなどを書かなくてはいけないのでたいへんだとおもわれますが、金さえあればどうにでもなります。

ランサーズやクラウドワークスなどでライターを外注し、広告も利用して有料集客も行うことでほとんどの作業をせずにマネタイズすることが可能です。

ついでに、FXでトレードで経験や勉強したことを情報発信すればなおよいでしょう。

アフィリエイトのほかにも高額コンサルなどで稼ぐのもありです。

アフィリエイトは外注や有料広告を利用すればほとんど時間を奪われることはありません。

従って、FXのトレードに集中することが出きます。

このようにして収入源を会社のお給料、FXのトレード利益、副業のビジネスの3本柱にします。

ここまで行けば1000万円以上の貯金をためるのはたやすくなるはずです。

1000万たまったら株式投資へ移行し億リーマンになる

1000万以上たまったら徐々にFXから株式投資へと移行しましょう。

これにも理由があります。

・FXが魅力的なのはレバレッジであるが、大金にレバレッジを掛けると失敗したときに一気に資金が吹き飛ぶから
・実際に億万長者になっている人の50%は株式によって財を成しているというデータがある

FXは少額でやることに意味がある

何度も言いますがFXは少額でやることに意味があります。

大金にレバレッジを掛けると失敗したときに大きな金額が吹き飛びます。

そうなると確実にメンタルがやられます。

メンタルがやられるとトレードで勝つのはまず無理でしょう。

なので、大金でFXをやる場合は低レバレッジで取引をするのが定石です。

しかし、低レバレッジでFXをやるのであればもはやFXをやる意味がないのでは?と思います。

世の中にはFX以外にもいろんな投資がありますし、副業をはじめとしたビジネスもあります。

そんななかでFXにしかない、特別優れていることはひとえにボタン一つで簡単にハイレバレッジを掛けれることです。

逆にこれを使わないのであれば、別にFXにこだわる必要性が無いのです。

とはいえ、少額でハイレバレッジという制限のある投資法では次第に稼ぐことができる金額に限界が出てきます。

しかも成功し続ければ出金したお金は当然次第に余ってきます。

そのお金をぶらつかせて置くのはもったいないです。

なので、まとまった資金ができたらがFXから離れて複利で稼げる株式投資に移行すべきです。

億万長者の5割は株で財を成している

FXからの移行先が株式投資なのは、実際に億万長者になった人の50%が株式投資によるものというデータがあるからです。

特に日本の場合、税金の関係上ビジネスで億万長者になるのは難易度がかなり高いです。

もちろん株をしながら個人のビジネスを持っているというケースもありますが、ビジネスで稼いだ人も最終的には投資家へと転向していくの王道です。

そして株というのは他人のケツで稼ぐ、他人の力をうまく利用するという事に優れています。

株式は株式会社が元になっているので、株に投資して株主になるということはその会社の従業員やら設備を自分の利益につなげることができます。

FXと違ってインカムゲインがあるのも魅力的です。

そして、株であれば超長期投資でも稼げるので時間というリソースの少ないサラリーマンにはピッタリです。

さらにサラリーマンということは、少なくとも自分の勤めている業界についてはそれなりの知識があるはずです。

その専門的な知識を生かすことで株式投資でもうまく立ち回ることができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です