FXで安定的に勝ちたければバイナリーオプションでリスクヘッジしろ!

FXで安定的に勝ちたければ、バイナリーオプションでリスクヘッジするという方法がおすすめです。

この方法がネットでそこまで有名になっていないのは、FXのアフィリエイターにとって都合が悪いからでしょう。

FXの教科書的なサイトがなぜFXが最強かを精魂込めて作るかというと、FXのアフィリエイトで稼ぐためです。

従って、FXのアフィリエイトの範囲外になってしまうバイナリーオプションは都合が悪いと言わけです。

本来FXとはリスクが高い投機です。

リスクが高いからこそ失敗した時の損失は大幅になりがちで、その結果大抵のFX初心者は1年以内にマーケットから退場してしまうのです。

そんな人にオススメなのがオプション取引によるリスクヘッジです。

特にFXにおいておすすめなリスクヘッジ手法がバイナリーオプションです。

バイナリーオプションと言うと詐欺だとか怪しいイメージがありますが、それはバイナリーオプションそのものが怪しいのではなくいわゆるオプザイルといった詐欺業者の人たちが問題なだけです。

本来バイナリーオプションとは怪しいものでもないですし、オプション取引とはリスクヘッジをするためにあるものなのです。

今回はそんなバイナリーオプションのあるべき姿や本来の魅力について、多くの人が抱いている偏見を排除して説明していきたいと思います。

FXのリスクヘッジをするためのバイナリーオプションとは?

そもそもオプション取引とは何か、説明できますか?

そもそもオプション取引とは何か知っていますか?

オプション取引とは先物取引の亜種のようなものと考えてみればわかりやすいかもしれません。

先物取引とは、事前に決められたある未来の時点で商品の取引の約束をするというものです。

約束なので、この取引は絶対です。

仮に将来商品価格が暴落していようが、あるいは暴騰しようが取引は絶対です。
そのため大損したり、逆に大儲けすることもあります。

一方オプション取引とは、事前に決められたある未来の時点で商品を取引する権利を売買するものです。

権利を売買する、というとちょっと何を言ってるかわからない人もいるかもしれません。

分かりやすくすると、先物取引の場合は取引は絶対でしたが、オプション取引の場合は商品価格の変動によって取引が不利になったら、オプションを買った側は取引をキャンセルすることができるのです。

オプションは取引の権利であるので、取引をしないという選択肢(オプション)があるのです。

逆にオプションを売った側は、オプションを買った側が権利を行使した場合には必ず取引をしなくてはいけない義務が発生します。

しかし、このままではオプションを売る側に何のメリットもありません。

従ってオプション取引そのものが成立しなくなってしまいます。

そのため、オプションを買った側はオプションを売った側に対してオプション・プレミアムを支払います。

プレミアムとは割増金のことで、オプションを買った側は取引をしようがしまいが一定程度の手数料をオプションを打った側に支払わなければなりません。

従って、相場の動きを読むことができればオプションを売るだけでもプレミアムで稼ぐことはできます。

これがオプションの仕組みです。

オプション取引の本来の使い方はリスクヘッジ

少々小難しかったかもしれませんが、少なくとも何となくオプションについて分かったかと思います。

そして、オプションとは本来リスクヘッジとして生まれた経緯があります。

いわば、保険なのです。

リスクヘッジとして使われていくうちに、オプションを売るだけで稼ぐ方法が確立されオプションだけでも稼げるという投機性も出てきたのです。

従って、オプションの一つであるバイナリーオプションも本来はリスクヘッジ、つまり保険として使うためにあるのです。

もちろん投機としてバイナリーオプション単体で稼ぐことはできますが、それは本来の使い方ではないのです。

そしてバイナリーオプションはFXのリスクヘッジとして生まれました。

だからこそ、FXのトレーダーこそバイナリーオプションを利用すべきなのです。

よくある怪しいバイナリーオプション業者やオプザイルと言われる人たちによってバイナリーオプションのイメージが大幅に棄損されてしまいましたが、そのイメージは偏見であり、FXで稼ぐためにもバイナリーオプションを使うべきなのです。

FXはリスクが高いからこそバイナリーオプションでリスクヘッジすべき

コツコツドカンするのはリスクヘッジしていないから

FXで安定的に勝てないトレーダーこそバイナリーオプションをリスクヘッジで使うべきだと思います。

バイナリーオプションには多くの偏見がありますが、そのせいで多くのFXトレーダーがリスクヘッジなしでトレードしてしまい、結果1年以内に相場から退場してしまうのもまた事実です。

そしてリスクヘッジをすればリスクを限定できるのでFXでハイレバレッジでリスクを高めて取り引きすることができます。

本来なぜFXをやるのか?と言うとレバレッジが効くからでしょう。

これは株にはない明らかなFXのメリットです。

しかしそのFXのメリットを消してまでFXをやる意義は果たしてあるのでしょうか?

私はあまりないと思います。

FXをおすすめするサイトにはハイレバレッジが危険だと言うものがいくつかありますが、だったら初めからFXなんてやめて株に移行してしまえと思います。

そうではなくてFXを使うのは、少ない資金で効率よくお金を稼ぎたいからです。
ならば、レバレッジを利用しない手はありません。

しかしハイレバレッジにするとリスクが高まってしまうので、そのためのバイナリーオプションでリスクを限定していくということなのです。

FXはハイレバレッジでもバイナリーオプションでリスクヘッジすれば安心安全で稼げる

FXで損失を出そうが、FXで持ったポジションと逆側にバイナリーオプションをかければFXで負けたとしてもバイナリーオプションで稼ぐことができます。

こうすることでFXの損失をバイナリーオプションの利益で打ち消すことができのです。

これがFXとバイナリーオプションを組み合わせたリスクヘッジ方法です。

そしてこれは逆も然りです。

FXで利益を出したがバイナリーで損失を出すこともあります。

これによってFXの利益の一部がバイナリーの損失によって打ち消されます。

このようにしていくと、トレード収益が確実に安定していきます。

安定するとどうなるかというと、コツコツドカンがなくなるのです。

よくFX で負ける典型パターンはメンタル管理で、それが起こるのも結局のところリスクヘッジをしていないからでしょう。

リスクヘッジをしていれば、負けたとしても損失の一部をバイナリーオプションで打ち消すことができるのでそこまで損失を気にする必要がなくなります。

またバイナリーオプションは毎回リスクヘッジをするわけではなく、明らかに勝てる場合はリスクヘッジをしなくてもいいです。

このようにして、戦略的にFXにバイナリーオプションを組み合わせていけばFXを単体で利用するよりもはるかに安定してそれでいて収益も増やすことができるのです。

FXのダマシもバイナリーオプションでケアできる

FXで負ける原因の一つにダマシがありますが、それすらもバイナリーオプションでケアすることが可能です。

例えば移動平均線を使ったスイングトレードで順張りをするとします。

移動平均線でゴールデンクロスやデッドクロスが来たとします。
そのサインに従ってFXで取引します。

しかし、移動平均線にかかわらず、あらゆるインジケータ―にはダマシが存在します。

そのため、サイン通りエントリーしたとしても実際に稼げるかどうかは未知数です。

そバイナリーオプションでFXと逆側にかけてリスクヘッジをします。

その後、FXで順調にトレンドが形成されればバイナリーで損失を確定します。

スイングトレードによる時間による利益の積み増しでFXでは大幅な利益を得られるので、最終損益はバイナリーオプションの損失額を考慮しても大きな利益をとることができます。

逆にトレンドが起きない、移動平均線がダマシであった場合は、ダマシであることが確定したらすぐにFXで損切りします。

一方でバイナリーオプションでは利益が出ているので、最終損失は大したものにはならないでしょう。

こうなれば、トレードで稼ぐのも容易になるはずです。

FXトレーダーこそバイナリーオプションがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です